ビューティアトリエ様54周年記念あぶらとり紙製作

ビューティアトリエ様54周年記念あぶらとり紙製作

ビューティアトリエ様の2年生卒業製作として、54周年記念オリジナルあぶらとり紙つくりをお手伝いさせて頂きました。

立ち仕事が終わってから、21時〜22時という過酷な?ものづくり研修でしたが、1月から合計4回ほど13人が力を合わせ、一つの作品を産み出しました。

将来開業するときに必要な社会的な知識、ものをつくるとは、商標などカタい話から始まり緊張したことと思います。
2回目以降はあぶらとり紙製作に入り、発言が多くなりました。デザインアイデアは、全て2年生の声を集めたものです。採用にならなかった案ももちろんございますが、まず第一に13人からお客様への感謝の気持ちを表現したい。本当の美しさは、清潔でつややかな髪を目指す「外面美容」。健康な体を目指す「内面美容」。安定した心を目指す「精神美容」の3つの要素であり、3つのバランスがとれた美しさをもとめる「三面美容」に基づき、健康的な本当の美しさを提案している会社であることを伝えたい。美容師は髪を切るだけではなく髪をデザインして育てる、体をデザインして育てる、心をデザインして育てる、栄養・休養・教養を与えられる所が「理美養室」で、私達は「理美養師」という事を書きたい。レーザーカットはロゴになっているバラがいい、自分の会社は男性利用者率が多いので男性が持っていても良いねと思えるもの、などと回を増すごとに活発な意見が出てきました。
最終回では、就労継続支援施設わらくや 島田社長の講話もありました。障害をもったメンバーさんたちが、あぶらとり紙を通じて信頼され頼りにされ生きがいにもなっているということを知って頂きました。実際にパッキング作業をして頂きましたが、原紙の枚数を数えたり、仕上がりの正確さと丁寧さ工夫は積み上げられた苦労と努力の成果だとわかって頂けました。

このあぶらとり紙は、3月24日創立記念日の本日より、ビューティアトリエグループ各店舗にてご来店のお客様に配布されます。

きっと2年生の皆さんは、心をこめて説明入りで熱く配布して頂けることでしょう!遅い時間まで全員ががんばっていたのですから。
ご採用頂き、誠にありがとうございます。

Related Articles

Close